ハトムギエキスとあんずエキスのポツポツ解消効果

気が付くとニキビではないけど似たようなポツポツができていた、ということはありませんか?

顔や首、背中ほか、体中にいつの間にかできてしまうポツポツの正体は、「角質粒」と言われるものです。

その名が示すように、角質粒とは古い角質が蓄積されて小さく硬くなったものです。

角質粒ができる原因は主に紫外線によるダメージと言われていますが、ほかにも加齢によって肌のターンオーバーの周期が長くなることや、ストレスなど、色々と関わっているようです。

20代などでも角質粒は見られますが、一般的には40代以降にこのようなポツポツが見られるようになり、80代ではほぼすべての人にできると言われています。

角質粒は痛くもかゆくもありませんが、やはり今までなかった肌に突然ポツポツ現れてしまうと見た目が気になります。

角質粒は放置しておいて改善されるものではないため、中には爪などで引っ掻いて強引にとってしまおうとする人もいるようですが、これはNGです。

まずは1年中紫外線対策をしっかりとして肌が乾燥しないように保湿ケアも抜かりなく行うことが角質粒の予防となりますので、これ以上ポツポツを増やさないためにも今からでもケアしていきましょう。

では、すでにできてしまっている角質粒はどうするか、ということですよね。

あまりに気になる方は皮膚科で取ってもらうこともできますが、取ってもまたできてしまう可能性は残ります。

そこでオススメしたいのが、「あんずエキス」と「ハトムギエキス」です。

この2つは、どちらも昔からイボ取りに使用されていて、その効果は迷信ではなく確かなものとわかっています。

あんずエキスには肌のターンオーバーを促進させるパルミトレイン酸が豊富に含まれていて、それが外から肌に補給されることによって肌再生力が高まり、新しく健やかな肌に生まれ変わる効果の実感につながっていきます。

パルミトレイン酸という成分は私たちの体内に存在する脂肪酸ですが、加齢によって低下するために肌のターンオーバー周期を長くしてしまう原因ともなります。

ですから、これを補ってあげることは理にかなっているんですね。

次にハトムギエキスです。

ハトムギのイボ取り効果や消炎効果は有名で、体中のポツポツにダイレクトに効果を発揮します。

イボ取りの漢方薬として知られているヨクイニンこそが、ハトムギエキスです。

ハトムギには乾燥肌の改善効果などもありますので、肌の抵抗力アップにもつながり、敏感肌の方のスキンケアにもとてもいいんですよ。

このように、ポツポツ解消に効果を期待できる2大イボ取りエキスですが、このふたつのエキスが効果的に配合されているのが「艶つや習慣」です。

艶つや習慣はオールインワンゲルで、顔はもちろん全身に使用できるということもあり、とても人気の高いアイテムです。

顔や体の角質粒に悩む方、肌に活力を望まれる方は、これを機会に「艶つや習慣」を試してみてはいかがでしょうか。