首のイボが気になる!何か手立てはある?

首のイボは40歳になる頃から気になり始めることが多いようですね。

今まで何もなかったところに、ポツポツザラザラと大小様々なイボが出てきます。

この首のイボには、実は正式名称があって「アクロコロドン」または、アクロコロドンより少し大きめのものを「スキンタッグ」と言います。

どちらも、加齢による老人性のイボの一種です。

「加齢」、「老人性」聞きたくない言葉ですね。

でも、諦めないでください。

首のイボに悩んでいるたくさんの人たちに人気の商品が2種類あるんです。

○オールインワンジェルで角質ケア!艶つや習慣プラス

艶つや習慣プラスはぷるっぷるのオールインワンジェル。

すごく伸びが良いのに大容量で、お求め安い価格なのも人気なんですよ。

気になるところによーく刷り込むと、あんずエキスとハトムギエキスで角質ケアができます。

首元のザラザラした感触が、いつのまにかすべすべつるつるの感触へと変わっていきますよ。

これ1つで体全体の、気になる部分に使えます。

○ザラザラ首イボをなめらかに。クリアポロン

クリアポロンは、首イボや胸元、顔などの柔らかい部分のざらざら感が気になる方におすすめのオールインワンです。

まず、首イボによく効くとされる「ヨクイニン」を、脂溶性ハトムギ油と水溶性ハトムギ種子エキスのダブルで配合。

他にもあんずの種子を絞ったエキスやセイヨウシロヤナギの樹皮のエキスで乾燥肌を守ります。

ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アラントインなど、人気の美容成分が角質層まで届き、保湿します。

まだまだありますよ。

コラーゲンを3種、ヒアルロン酸を5種、セラミドを3種。

他にもスクワランとトレハロースも配合し、カサつくお肌をガードします。

乾燥した肌は、老化を引き起こしやすいですからね。

ふっくらしたお肌のために、オリゴペプチド、りんご果実培養栽培エキス、プロテオグリガンも配合し、年齢肌のお悩みにも対応。

首イボの気になる年齢だからこそ、必要な成分です。

その他5種類の植物由来成分を使用し、敏感肌でも使える無添加、無香料の優しい配合となっています。

首のイボのケアだけでなく、日々のスキンケアとしても使えます。

今までのスキンケア商品をやめて、クリアポロン1つにだけに統一して使っている人も多いんですよ。

クリアポロンもオールインワンなので、これ1つでOK。

経済的なのかもしれませんね。

○首イボは継続的なケアが必要

首イボとよばれるアクロコロドンやスキンタッグは一度取れても再発しやすいのです。

表面にある突起だけを取り除いても、その下にある角質層が残っていると、イボは再発する確率が高いのです。

艶つや習慣プラスやクリアポロンを使って、継続的なケアをすることが首イボを増やさない秘訣ですよ。

「艶つや習慣プラス」と「クリアポロン」は通信販売でしか買うことはできません。
こちらも参考にどうぞ。
艶つや習慣プラスとクリアポロンの徹底比較

より成分にこだわった方を使いたい人は、クリアポロンをどうぞ。
⇩⇩お得なクリアポロン公式サイトはこちら
クリアポロン
首や顔、デコルテなどのイボ、角質のポロリケア!クリアポロン♪

 

少しでもコスパが良い方が良い人は、艶つや習慣プラスをどうぞ。
艶つや習慣プラス(つやつや習慣)の口コミ!イボも角質粒のポツポツも消えるのは本当?

uS