艶つや習慣とピュアルピエ(旧ピュアルテ)はお肌の気になるブツブツを改善してくれるスキンケアとして人気ですが、この2つはどう違うのでしょうか。

艶つや習慣とピュアルピエ(旧ピュアルテ)の比較と選び方のコツをまとめます。

ではさっそく、2つのスキンケアの成分的な特徴を比較してみましょう。

艶つや習慣のメイン成分は、あんず種子エキス、ハトムギ種子エキス、コラーゲン、アロエベラ、クチナシエキス、ヒアルロン酸、プラセンタ、アスタキサンチンです。

肌の角質を柔らかくするあんずエキスと、民間療法で昔からイボ取りで使われてきたハトムギエキスを配合していることから、イボによるブツブツ改善効果に期待できるスキンケアになっているのが特徴です。
艶つや習慣でイボも改善するのは本当?

また、保湿ケア成分も豊富なので、角化異常によるブツブツ(毛孔性苔癬)にも対応可能です。

一方、ピュアルピエ(旧ピュアルテ)は、グリチルリチン酸2K、プラセンタエキス、コラーゲンヒアルロン酸、カモミラエキスなどが配合されています。

グリチルリチン酸2Kはニキビの炎症を抑えますし、プラセンタはターンオーバーを促進します。

ヒアルロン酸は保湿、カモミラエキスは美白に期待できるので、ニキビによるブツブツや、角化異常による黒っぽいブツブツや、いわゆるメラニンによる沈着)を改善するのに期待できます。
ピュアルテは背中や肩や胸や太もものブツブツにも効果?

◆角化異常にはどちらもおすすめなのですが、迷われているならニキビができやすい肌質の方ならピュアルピエがおすすめです。
公式サイト↓


◆しかしイボによるブツブツを改善したい方は艶つや習慣がおすすめでしょう