艶つや習慣とアプリアージュオイルSの徹底比較と選定のコツ

最近、オイル美容が注目されていますね。

私も、このことは本当に最近知ったのですが、様々な美容雑誌でオイル美容が注目されています。

私は普段、新しい情報はネットから取り入れているので、雑誌を見る機会があまりないのですが、美容院に行った時に、ゆっくりと雑誌を見る時間があり、せっかくなので新しい情報を知りたいと思い、じっくりと見てきました。

オイル美容は、多くの雑誌で取り上げていることを知り、私は最近の注目されていることを知らなかったのだなと思い、少しショックだったのと、驚きと、もっとアンテナを張らないとならないな!と、色々な気持ちになりました。

話を戻しますね。

「オイル」と一言で言いましても、様々な種類があります。

例えば、アンチエイジング効果があるもの、角質ケア効果があるもの、保湿効果があるものなどです。

雑誌を見ていて、私が一番気になったのは「杏オイル」です。

杏は、食べるものとしての認識しかなかった私は、美容にも効果的だということを知り衝撃的でした。

杏オイルは、アンチエイジング効果が高いと注目されており、杏の種の中にある仁から抽出された植物性オイルになっており、肌馴染みがよく、ターンオーバーをサポートしてくれる脂肪酸パルミトレイン酸が豊富に含まれており、肌状態が低下した方も安心して使える成分です。

杏オイルが配合されているスキンケア商品は色々なものがあり、どれが良いのか私にはさっぱりわかりません。

そこで、色々調べてみると「艶つや習慣」と「アプリアージュオイルS」というものが、人気が高いことがわかりました。

どちらも杏オイルを主成分に使っています。

では、この2つの違いや、選び方のコツなど、特徴を比較してみたいと思います。

まず、艶つや習慣についてですが、杏オイルの他に、ハトムギエキスを角質除去成分として配合しています。

オールインワンとして使えるので、とても便利です。

更に、プラセンタエキスやアロエベラ、ヒアルロン酸などの成分も豊富に含まれており、肌に潤いを与えることや、エイジング効果も期待できます。

これだけで、化粧水や乳液などのスキンケアアイテムを重ねて塗る必要がなく、艶つや習慣だけでスキンケアが完了するので、肌への負担も最小限にすみます。

敏感肌の方も安心して使えますし、目周りや頬、顔や首元、デコルテやお腹、わきなど全身に使えるので、とても便利です。

続いて、アプリアージュオイルSについてですが、こちらは薬用美容スキンオイルです。

杏オイルは、南フランス産のものが主成分として使われています。

パルミトレイン酸の他に、オレイン酸やリノール酸、ステアリン酸やパルミチン酸など色々な栄養が豊富に含まれています。

それだけではなく、杏オイル以外に、植物の力が集結して作られていますよ。

ヨクイニンエキスや植物性スクワラン、ホホバオイルやキャロットオイルなど、どれも主役級のオイル成分が豊富に含まれていることも特徴の1つです。
南フランス産 杏仁オイル「APRIAGEオイルS(アプリアージュオイルS)」の口コミ!首イボに人気の理由は?

共通点は、杏オイルが配合されている点から、角質除去を行うことです。

その他に配合されている成分はそれぞれ異なるので、好みの成分が配合されているものや気になる方から試してみると良いと思います。

どちらから使ったらいいか迷う場合、簡単な選び方として、艶つや習慣は、プラセンタエキスも含まれているので、美白ケアや保湿ケア、エイジングケアにも使えます。

オールインワンなので、他のスキンケアアイテムが不要ですし、容量も多いのでコスパが良いです。

ですから、より試しやすく評価も高いのが艶つや習慣(つやつやしゅうかん)と言えます。

わたしも艶つや習慣の方を使って満足しています。
体験→つやつや習慣の口コミ

普段お使いの化粧品にプラスαしてイボやプツプツに良い美容オイルをお探しの方は、アプリアージュオイルSでも良いと思います。
アプリアージュオイルS公式サイト↓


us